稼いでいる人はダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を実施している

目安時間:約 6分

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは何か?

 

今回はダイレクトレスポンスマーケティングについて解説したいと思います。

 

簡単に言うと

 

集客⇒教育⇒販売

 

をすることです。

上の3つがDRMの基本原則となりますね。

 

 

 

 

別の言い方をすれば情報の受け手に「返信」という行動を促すマーケティング手法です。

 

稼いでいる人は例外なくダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を実施しているので、

是非覚えておきましょう。

 

 

それでは3つの基本原則について詳しく説明していきますね。

 

今回はメルマガ集客を例として上げます。

 

集客

 

無料レポートやブログを使い、

あなたのメルマガに登録してもらいます。

 

言い方は悪いですが、プレゼント攻撃で餌を与えて、

相手にメリットを与え、自発的にメルマガ登録させます。

 

キーワードやSEO対策等も行い、

ブログを上位表示させ訪問者を増やします

 

教育

この段階では売込みはせずに

自分のことを知ってもらう為にあなたはどんな人間か?

アピールする必要があります。

 

それと読者の悩み解決法や有力な情報をメルマガで流します。

 

例えばアフィリエイトに関する基本的なことや悩み

アフィリエイトを行うとこんな未来が待っています!

このようなことをメルマガで流しても問題ありません。

 

 

あなたはどんな状況か?

どんな問題があるのか?

どんなものが必要か?

どんな商品が必要か?

その商品を買うことによってどんな未来が待っているのか?

 

 

こんな感じに読み手の心理をうまく誘導しなければいけません。

 

ですので、教育の段階では売込みは行わずに読者さんの

役立つ情報を流し、教育する必要があります。

 

販売

 

十分な教育を行うことができたら、

最後に悩み解決の為の商品を提案します。

 

この段階で初めて売込みを行いますので、

限定特典を付けたり、相手に迷う時間を与えずに感情を揺さぶり

商品を購入させるのが基本となります。

 

この商品を購入すれば

こんな未来が待っていますとアピールしてください。

 

ただし読者さんにとって本当に役立つ物を紹介しないと、

継続的に稼げてなくなるので、

詐欺まがいな物は売り込むのは絶対にダメです。

 

以上が3つの基本原則です。

 

 

補足

まずはどんな商売でも集客しなければいけません。

集客したら情報発信を行います。

 

 

自分の考え方や信念を伝えながら

価値ある情報も発信続けます。

 

これをやる目的は信頼関係を作るためです。

これを教育と言います。

 

 

上から目線で物を言ったり、

子供を教育するという意味ではありませんので

信頼関係や信用を作るための教育ですね。

 

 

信頼関係が出来ていないのに

いきなり販売は絶対に行わないでくださいね。

 

 

これをやるとあなたのプログくることもなくなり、

メルマガも解除されますので注意してください。

 

 

信頼関係が生まれてきたら(教育)

セルース(販売)を開始します。

 

 

できればこちらが売り込まずに

向こうから商品を欲しくなるように戦略出来たら

理想です。

 

セルースや販売も色々とやり方がありますので、

これは別の機会にお話しします。

 

稼いでいる人は例外なく

ダイレクトレスポンスマーケティングを実施しています。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングを学びたい方は以下のページへ

 

稼ぎたい方は必見!


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人の紹介

ひでぽんと申します。

社会不適合・パソコンスキルなしの状態からネットビジネスをスタート

自由になりたい方に向けて情報発信しています。

ひでぽんが社畜を卒業した理由

人気ブログランキング

カテゴリー

ページの先頭へ