文章の説得力を上げる ライティング手法

目安時間:約 6分

 

記事を書く時に良く説得力がなければ相手に伝わらないと言われていますが、

たしかに文字を入力しているだけでは読み手の心には響かないし、

説得力もクソもありませんね(笑)

 

アフィリエイトはコピーライティングが必要で、

日々の情報発信はもちろん!何かを売る時にも説得力が必要になります。

 

そこで今回は文章の説得力を上げる ライティング手法について解説します。

 

 

凄い文章ではなくバカでも分かるな文章を書くように意識する

多くの方が勘違いしていますが、凄い文章を書く必要はありませんし、

専門用語だらけの小難しいことを書かなくても大丈夫です。

 

 

むしろ小説家のような立派な文章なんか書いても、

読み手は理解することができませんし、

伝わらなければ意味がありません。

 

 

それよりかはコピーライティングを学び読み手に必要な情報を

分かりやすく伝えることが大切です。

 

そしてあなたの感情が入った文章と

説得力がある文章さえ書ければ物は嫌でも売れますね。

 

 

ここで例を上げてみましょう。

 

 

この教材は理論的に解説されており、読み手の心を刺激する

そして●●のごとく、世の大半が理解を得ることができる内容です。

 

 

こんな感じで気取った文書では具体性もなく、

人間味も感じない文章で良い反応なんかは取れませんし、

非常にわかりずらいですよね。。

 

それよりも以下の感じで書くと良いでしょう。

 

この教材をお勧めする理由は

この教材のデメリットは

この教材の価格は

この教材で挫折しない方法とは

 

こんな感じでシンプルに読者が気になる情報を発信していけば良いですよ。

 

ちなみに僕の商品紹介ページが以下の感じです。

かなり長いですが。。

参考にしてみて下さいね。

 

参考例

 

 

実はお問い合わせでも良く聞かれるのですが、

専門用語やカッコイイ言葉を多用したほうが

良いのでしょうか?

 

このようなことを結構聞かれたことがありますが、

カッコイイ言葉なんかは必要なし!!

 

断言しときましょう。

 

ですので、

多少文章が下手くそもポイントさえつかめれば大丈夫ですよ。

 

 

文章の説得力を上げる方法

何かを伝えたい時は具体例があれば説得力が増します。

 

たとえば、

 

●●教材は稼げます!

だから買ったほうが得です!

 

こんな主張をしたとしますね。

 

この時にあなた目線で色々と伝えても

読み手には残念ながらピンときません。

 

これは絶対です!

 

 

何故なら

具体例がないからです。

 

 

具体例とは何か?

たとえばサッカーで言うなら、蹴り方、攻め方、守り方など

学ぶことがいっぱいあります。

 

 

これを独学で学ぶと間違えた方向に進んだりして、

結果的に上手くいかないことが多いのです。

 

 

ですが、優秀な先生がいればあなたに合わせた練習方法を見つけてくれて

的確に指導して貰えます。

 

 

 

この先生はあなたの弱点を直す方法を知っているし、

●●をすれば改善できますと言ったアドバイスをしたり

 

このサッカーチームは先生独自の練習法で強くなれた!

具体的には●●の練習をしているとか!

 

 

このように具体的に説明できれば

この先生から教わってみたいと思う

生徒さんも出てきますね。

 

 

具体例があれば

それと同様にアフィリエイトも必要な作業や手順を効率よく

教えてくれる●●の教材はお勧めできます。

 

 

 

という主張もほぼ違和感なく出来るはずです。

 

僕も文章で何かを伝えたい時は必ず具体例を上げていますし、

今回もサッカーを具体例として使わせていただきました。

 

 

ちなみに僕はサッカーのことは何もしりません(笑)

 

マラソンばかりしております!

 

 

そんな感じで今回は文章の説得力を上げる ライティング手法について

解説しました。

 

是非とも参考にしてみて下さい。

 

 

 

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人の紹介

ひでぽんと申します。

社会不適合・パソコンスキルなしの状態からネットビジネスをスタート

自由になりたい方に向けて情報発信しています。

ひでぽんが社畜を卒業した理由

人気ブログランキング

カテゴリー

ページの先頭へ