有休を認めない上司はクズである

目安時間:約 7分

会社員の休みのあり方について

考えてみました。

 

僕は休暇に対する考え方はいつも疑問に思っていましたね。

 

色々と調べてみると

海外では2~3週間以上当たり前に休めるみたいです。

特にヨーロッパは1か月ぐらいの休みがあるのが当たり前。

 

 

日本ではせいぜい1週間ぐらいではないでしょうか?

ブラックなら連休は死後かもしれないかな。。

 

 

これは僕の話になりますが、海外旅行に行きたくて、

暇な時期に有休休暇を1か月前に申請しましたが、

見事に拒否されましたね。。

 

 

有休届を出してから

数日後にハゲ上司から呼び出しがありました。

 

 

班長がシフトを作っているので、

そいつに有休希望の紙をだしましたが、

班長も有休が気に入らなかったようで上司に色々と言っていたらしいです。

 

 

ハゲ上司

話があるから、

少し時間をくれ!

 

わかりました。

 

 

ハゲ上司

有休取りたいのか?どうことだよ!

 

 

今まで有休をまともに取ったこともないですし、

仕事も忙しくない時期ですので、

2日だけ有休を希望したいのですが

 

ハゲ上司

ダメとは言えないが、

有休は無理と言うことはわかるだろう?

 

この会社に長くいるのだから、

それくらい理解しないとね。

 

気が向いたら別の日に有休にしてあげる!

 

いいか!公休にしろ!

 

怒られる筋合いわないし、

本来なら自分が好きな時に休みたいです。

 

そもそも勝手に有休処理されたくありません。

 

ハゲ上司

有休はこちらの判断で処理する

そういうもんだんだよ!

わかったな。

 

わかりました。

心の中でクソ野郎と叫ぶ

 

 

 

以上ですが、

これが僕とハゲ上司とやり取りした内容です。

 

 

合理的な理由もなく、

意味もなく断られたことに腹が立ちますね。

 

理由になっていない理由です。

意味不明(笑)

 

有休と言うのは会社で決めることもできるみたいですが、

基本は働く側の意志で自由に習得するのが本来の姿です。

 

上は全くわかっていません。

 

ハゲ上司は空気を読めと言いたいのでしょうが、

そんな空気をぶち壊したかったんですよね。

 

 

だって意味がないですから、

休んでも影響なければ有休を取り

遊びにいきたいですから(笑)

 

 

そもそも日本人は空気を読み過ぎですし、

しかも理不尽ことも含めて我慢しすぎですね。

 

もちろんモチベーション維持なんかもできませんから、

仕事は怒られない程度に適当にしていました。

 

 

結局お互いに良いことは何もありません。

 

1週間(有休2日だけ)休みを希望しただけで

ギャアギャア!騒がられて、

どんだけ無能!わかってほしいですね(笑)

 

日本は世界でも有休習得率はワーストレベルで

まともに習得できるところは大手ぐらいでしょうね。

 

 

やはりヨーロッパ方面は100%習得していますが、

日本とは考え方が違うのでしょう。

 

日本は会社の為に頑張り、

家族や生活を守る。

 

ヨーロッパは家族やプライベートが一番大切。

その為にお金を稼ぐ為に仕事をする。

 

日本は完全社畜社会です。

 

 

ちなみに僕のいた会社も大企業でしたが、

誰も自分からは希望して有休で休んだ人はいませんでした。

 

どんだけ洗脳されているのやら

会社に対して人が良すぎる。。

 

 

会社にもよりますが、

1週間休みも難しい会社もありますし、

中には2連休しか取れない会社も沢山あります。

 

ヨーロッパみたいに1か月休みは日本の会社では

到底無理ですね。

 

 

こんなことを60歳まであなたは続けたいですか?

 

僕はそんな根性も気力もないので、

ネットビジネスで自由なライフスタイルを手に入れたいと思っています。

 

 

嫌な上司に気を使うこともないし、

好きな時に好きな場所でPC1台で仕事もできます。

 

 

旅行も平日の人がいない時期を狙い、

一人旅も良くしています。

 

アフィリエイトでお金を稼ぐことができますから、

毎日が有休みたいなもんですからね。

 

 

少しでも興味があれば

下記のページをクリックしてみて下さい。

 

会社で働かずに自由に生きる方法とは?


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人の紹介

ひでぽんと申します。

社会不適合・パソコンスキルなしの状態からネットビジネスをスタート

自由になりたい方に向けて情報発信しています。

ひでぽんが社畜を卒業した理由

人気ブログランキング

カテゴリー

ページの先頭へ