パワハラ上司は許すな 対処法とは?

目安時間:約 14分

 

最近は本当にパワハラに関する記事が多いのですが、

現実はなかなか減らないのが現実です。

普通に死ね!

役立たず!

給料泥棒!

 

こんなことを平気で言ってくるバカが多いのは

悲しい気持ちになります。

 

 

僕自身もパワハラに合い休職経験があるので、

僕の経験談を伝え少しでもお役に立つことができたら、

嬉しいです。

 

結論としては泣き寝入りはする必要はありませんし、

対処法を本記事で解説していきます。

 

僕が受けたパワハラ

 

もともと僕は仕事ができるほうではなく、

覚えも悪かったのですが、

それでも最初はそんな酷いパワハラは受けていませんでした。

 

理由は仕事のできない他の社員がターゲートにされていたからです。

 

結局その先輩は辞めてしまいましたが、

お前は信用できない!ここでは使えない!いらない!

色々と言われて、自己都合退職をしてしまいました。

 

辞める時も退職日はいつなんだ

早く言わないと困るんだよ。

 

 

早く言えと言われて、

嫌な野郎と内心思いました。

 

そして今度は覚えの悪い

僕がターゲートになってしまいました。。

 

最悪でしたね。

苦手分野であるパソコンである企画書を作れと言われたのですが、

難しい仕事でしたので、失敗続きでした。

 

しかも全て丸投げで、

大変でしたね。

 

わからないこともあり質問しても考えろ!

失敗したら何故聞かない?

1聞いたら100知れとか

 

 

訳の分からないことも言われて、

かなりストレスになりました。

 

聞いても答えないし、

答えても中途半端な説明で丁寧には教えないかねと嫌味も言われましたね。

 

出来なければ給料泥棒とも言われ、

この頃から精神的に少しずつ追い込まれてきました。

 

 

成長がない。

取柄がない。

人事権がないのに地方に飛ばすとぞ!

 

色々と言われました。

 

ある日、僕のミスでUSBをなくしてしまったのですが、

当然僕が悪いのですが、嫌がらせは続きます。

 

色々と探しなかなか見つからずに苦戦しましたが、

最終的には見つけました。

 

ところがそいつがUSBを早く見つけたらしく

わざと隅っこに隠していたのを後から聞きました。

 

 

僕が何故教えてくれなかったの?

そんなことを聞くと、

 

おまえの為にやった!

考えて見つけてほしいからね。

そんなことより反省しろ!ボケと言われてました。。

 

本当に訳の分からない言い訳していましたね。

 

 

なくした大切なUSBも下駄箱の隅っこに置いたままで、

出入りが激しい場所なので、盗まれるリスクがあります。

こいつバカ?と思いました。

 

 

それと同時に

この瞬間、こいつは心底性格の悪い悪魔だと思いました。

 

 

そして嫌がらせをされながら、

何とか業務をこなしていきましたが、

やはり人間です。

 

たまにはミスをしてしまいます。

 

そいつはニヤニヤしながら、

みんなの前で説教をされてしまいました。

 

顛末書を書き、

是正処置としては会社の研修会にも参加して、

再発防止策もしました。

 

 

ところがそれだけでは面白くなく、

嫌味はますます激しくなり、

追い出し部屋に行かされて、仕事がない窓際にされてしまいました。

 

上の上司に話しても親心だ!

言われているだけ感謝しろ!

言われている内が華だ!

 

そんなことを言われました。

 

しかも噂では転勤と言う話もあるみたく

嫌なことばかり続きましたね。

 

ちなみにこの年は厄年です。。

 

 

もうだめだ!

この頃から僕は無気力、人間不信となり、

ついにうつ病と診断され、休職しました。

 

本当に本当に会社に行くのが嫌だった。

 

この時、精神状態は崩壊でしたが、

こいつは許せないと本当に思いました!

 

 

パワハラ上司は許すな 対処法とは?

ここまでやられてばかりでしたが、

倍返しする計画を立ててました。

 

僕は上層部からも嫌われてしまいかなり

追い込まれていました。

 

 

パワハラ上司の対処法とは?

 

・上司よりも偉くなる(非現実的)

・嫌がらせされたことをノートに記録

・録音する

・クビになる覚悟で抵抗する

・社内で見方をつける(難しい)

・上の上司に相談する(ほぼ相手にされない)

・移動願を出す(やる価値はある)

・コンプライアンス窓口に相談

・法的手段をとる

・休職する

・退職する

 

 

色々とありますが、

これ以外に方法はないでしょう。

 

 

基本的にパワハラされたら、

全て記録してください。

 

法的手段をとるにしても有利になりますから、

そして話がわかる理解者がいれば心強いでしょうが、

僕の経験上ではみんな自分が可愛いので味方になってくれる人はあまりいません。

 

 

 

上の上司にも文句は言ったのですが、

先程も申した通り感謝しろと言われ、

放置されました。

 

言われているうちが華だそうです。

 

おかげで僕は

 

 

 

 

 

 

 

 

言われているうちが華という言葉が大大嫌い!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になりました(笑)

 

 

根拠のない根性論?かな。

 

 

移動願は出すつもりはありませんでした。

 

自宅から近いし、残業のない部署でしたので、

あんな奴の為に異動するのがアホらしいと感じましたね。

 

 

このままでは殺される。

解決法が見つからない。

 

窓際で仕事もなく辞めされる方向に仕向けているのがわかるので、

コンプライアンス窓口も隠ぺいされて、

逆に敵を作るのではないかと不安に思いました。

 

ここから大逆転するのですが、

色々と考えて結論を出しました。

 

まずは休職をしました。

 

 

逆転サヨナラ勝ち?バカを謝らせた。

以下の流れとなります。

 

 

・メモとスマホで録音

・休職

・診断書を提出(診断書はパワハラの証拠として)

・親に相談

・親と会社の上役とパワハラ上司を呼び出し今までのことを暴露

 

 

せこいと言われそうですが、上層部もあてにならないし、

父親の力を借りました。父親は口が達者なんで(笑)

 

 

全て調べ、パワハラの可能性が高いという結果にもなり、

資料とメモしたノートを用意。

決め手は休職と診断書。

 

言い逃れはできないように計画していました。

 

 

休職後に家族と会社側で話し合いをして、

証拠となるノートや休職した事実、(証拠は診断書)

嫌がらせの内容も全て伝えました。

 

向こうは指導とか訳の分からない言い訳をしていましたが、

ヒントや答えを言わない。考えろ!

 

有休を取らせないとか、

矛盾する部分がありましたので、

そこを突っ込み相手を黙らせましたね。

 

 

証拠を残していたことに会社側もビックリしていたみたい(笑)

2時間ぐらい話をして、

会社側もようやく認めて全員、

僕に謝りました。

 

 

その上司の上司も大事になるのが嫌らしく、

そこの部分も少しメスを入れました。

 

本当はコンプライアンス窓口に相談や法的手段を取りたいのだけど、

とりあえず今日は話し合いで終わりにすると、

くぎを刺しました。

 

 

その後はパワハラはなくなり、

良い方向に進みました。

 

 

泣き寝入りする人が多いのですが、

本当に黙っていると相手は調子にのりますし、

ろくなことがありません。

 

 

休職して僕のようにエネルギーは使い、

問題化するか。

 

しばらく休職して、

何もせずに対処したほうが賢明です。

 

休職ですと国から最大1年半の給付金も出るし、

仕事も辞める必要もないので、

ただの自己都合退職では損するばかりです。

 

 

休職すれば問題化もしやすいし、

完全な泣き寝入りだけはしないほうが良いです。

 

 

我慢しろとか、

そのまま辞めて円満退社したほうが良いとか

そんな記事をよく見ますが、

僕は反対ですね。

 

 

向こうが悪いのに何故

そんなに相手に気を使うのか?

 

意味がわかりません。

 

どちらにしても辞めるなら言いたい放題言ったほうが

まだマシですよ。

 

 

我慢するばかりが良いとは思いません。

 

 

せめて休職して、

貰うものは貰いましょう!

 

だって被害者は僕たちですから。

 

 

そして有休消化して、

退職すれば良いのですよ。

 

ただし転職しても嫌な奴は必ずいますし、

運が悪ければ前よりも酷い状況になる可能性もあります。

 

 

ですので、

嫌な人間関係から完全解放するには

僕はネットビジネスをお勧めしています。

 

 

通勤地獄から解放

パワハラからも解放

好きな場所で仕事もできます。

 

 

今なら具体的なノウハウも無料公開しているので、

良ければ下記のページもみて下さいね。

 

興味がある方 是非見て下さい。

 

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人の紹介

ひでぽんと申します。

社会不適合・パソコンスキルなしの状態からネットビジネスをスタート

自由になりたい方に向けて情報発信しています。

ひでぽんが社畜を卒業した理由

人気ブログランキング

カテゴリー

ページの先頭へ