会社で頑張っても給料は上がらない

目安時間:約 9分

タイトル通りです。

本記事はなぜ仕事を適当にしたほうが得か?

 

 

詳しく解説していきます。

 

 

真面目な方が見ていたら怒られそうですが、

そのような方は見ないほうが幸せです。

ブラック企業問題

近年ブラック企業問題は日本では社会問題になっています。

 

国が是正しても会社は何とか誤魔化すことに必死です。

 

 

そんな会社ではやる気なんかは起きませんし、
怒りさえ覚えます。

 

 

 

代表的なのが

 

 

・サービス残業

・有休が全くとれない

・厳しいノルマ

・安い給料

・休日が少ない

・ブラック上司によるパワハラ

 

 

 

ハッキリうと論外ですが、

改善するのは困難ですね。

 

 

 

何故ならこれだけメディアやネットで叩かれているのに

次から次へとブラック会社に関する事件やパワハラが後を絶たないからです。

 

 

埃は叩けばもっと出てきますし、

国は徹底的にブラック企業を排除するような法律を

作ってくれるとありがたいのですが、

 

形だけの対応ではこの問題は解決されないでしょう。

 

有休義務化も2019年より施行されますが、

これもどうなることやら?

 

 

おそらく有休日にサービス出勤させたり、

公休を5日減らして有休にするという

せこい会社も出てきそうですね。

 

働いている社員はクビを恐れて、

何も言えないのが大半でしょうから。

 

 

そのあたりも含めて徹底的に調査して、

違法性があるなら厳しく対応するべきです!

 

経営者は社員に甘えすぎなんです。

本当にブラックな環境は辛いですよね。

 

 

僕も以前パワハラを受けて休職まで追い込まれたので、

本当にブラックという言葉が大大嫌いになりました。

 

 

今でこそ記事として書けますが、

当時は笑いごとではないぐらい精神状態おかしくなる手前でしたからね。。

 

 

ですので、
今日は会社組織で働くなら、

なるべくストレスが貯まらない方法をお伝えします。

 

会社で頑張っても給料は上がらない

これが1番わかりやすいです。

 

例えば仕事を同期より倍頑張って、
倍以上の成果を出したとします。

 

 

まず給料が倍になることはありません。

昇給が数千円程度増えて、
更に仕事量が増えるだけ。

 

個人で会社経営をした場合は成果さえ出せば2倍や3倍稼ぐこともできますが、
サラリーマンの場合はどんなに頑張って結果を出して、生活レベルが上がるぐらいの給料は絶対に上がりません。

 

 

 

 

 

 

仕事の報酬は仕事である!

バカ野郎と言いたい!

 

 

 

 

 

頑張れば給料が大幅アップするなら
モチベーションも高めることができますが、

いくら頑張っても増えるのは責任の高い仕事です。

 

 

人によっては上司に認められた!
やりがいある仕事を任された!

仕事こそ人生の全てだ!

 

仕事を任されたことに誇りに感じる~

 

このように感じる方もいますよね。

 

僕の話になりますが、

お前も頑張らないと同期と差が広がるぞ!

 

と上司に言われたことがありました。

 

ハッキリ言ってクソです。(笑)

会社はいいように使いたいから、
このような言葉を使ってきます。

 

 

 

面倒なので、
関わらないようにします。

 

仕事は基本的にはつまらない物ですし、
お金を稼ぐ手段しかないので、
やりがいはプライベートで見つければ良いです。

 

 

そう考えると嫌な仕事は程々にして、
楽に生きれば良いのです。

 

会社はお金を稼ぐ手段なんで、
少しでも楽に仕事をしたほうが人生も楽しめます。

 

うちの会社の話ですが、
役職が付いても1万しか上がりませんが、仕事量は倍になり、
転勤も増えますから住む場所の自由も奪われます。

 

 

さらに上の管理職になっても
残業付かないので、
部下のほうご給料が高くなる現象が発生します。

 

会社で有能だと認められても
仕事が報酬なら
やってられないですね。

 

会社で頑張っても給料は上がらない
仕事の報酬は仕事である

このようなことが成立します。

 

会社で楽に生きる方法

言われたことだけやりましょう。

たったこれだけ。

 

 

そして余計な仕事は自分からやらなければリスクも少なくストレスも増やさずにできます。

 

最初は小言を言われますが、
その内、言っても直らないと判断され

放置されます。

 

 

そうなれば仕事も降られませんし、
快適です。

 

難しい仕事なら、
無能なふりをして、
結果を出さなければ仕事は降られません。

 

そして提出書類も期限もギリギリがベストです。

 

早め終わらすと別の仕事を降られますし、ミスしたら怒られるだけですから

日本の会社は減点方式です。

 

 

成果を出すのは当たり前。
失敗したらボロクソに言われる。

 

上司が良く失敗しても新しいことに挑戦しろと言いますが、
実際にミスをしたら怒られますし、
評価も下がります。

 

 

でもクビにはなりません。

 

逆に言うと適当に仕事をしていても
給料は貰えます。

 

 

お金の為に働いているので、
余計なことはせずに楽に生きましょう。

 

 

自分はこの方法を使い、
20年以上同じ会社にいましたから。

 

 

そして会社が嫌になり自由を求めて、

ネットビジネスを行いました。

会社を辞めて自由に生きたいなら是非見て下さい。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人の紹介

りんと申します。

社会不適合・パソコンスキルなしの状態からネットビジネスをスタート

自由になりたい方に向けて情報発信しています。

りんが社畜を卒業した理由

人気ブログランキング

人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー

ページの先頭へ