海外一人旅 中東に行ってきた。

目安時間:約 23分

 

ドバイに行ってきました。

11月でしたが、気温が30度ぐらいありました。

 

日本と比べると暑いですね。

でも、ドバイはこの時期だと比較的涼しい季節です。

8月は気温が40度を超えるので、

外に出ることも不可能みたいですね。

 

大抵はホテルやショッピングモール等で過ごしたり、

プールや海に遊びに行く人ばかりです。

 

 

ですので、この時期を狙いドバイに行ってきました。

 

 

目的は砂漠でラクダに乗り、世界一の展望に上ることです。

後は写真等で見て何となく行ってみたいという気持ちになりました。

 

僕は英語ができないので、

不安は残りましたが、それを含めて楽しんでいきたいと思います。

 

 

ちなみに今回の旅行はパック旅行で、送迎はなし、

宿泊も4日間中2日は自分で手配。

完全に個人旅行です。

 

 

 

 

空港から電車に乗りましたが、

事前に調べながらも悪戦苦闘しまして、

買うのに時間がかかりましたね。。

 

この時点で

先が思いやられそう!

そんなことを考えてしまいました。

 

 

 

何とか鉄道に乗り、無事に目的地に到着です。

 

初日は人口島のパームアイランド内にあるホテルに宿泊

ビーチでのんびりしました。

 

この島は世界1大きい人口島で宇宙からも

見れるそうですよ。

 

 

 

個人的にはハワイに似ている印象を受けましたが、

日本人はほとんどいませんでした。

 

正直なところ、

みんな何を言っているのかわからないので、

宇宙人と変わらない感覚でした(笑)

 

部屋は無償でグレードアップしてもらい

ラッキー!

 

 

 

 

 

TVも2台設置されており、

1人だと勿体ない気がしましたが、

ゴージャスな気持ちになれました。

 

 

プールサイドに行ったり夜は食事やバーにいたので、

以外に忙しく。。

あまり部屋でのんびりはできませんでした。。

 

次の日はドバイの中心街に行き、

今度はダウンタウン地区のホテルに宿泊です。

 

 

 

荷物をホテルに預けて、

デザートサファリーという砂漠のドライブと観光に行ってきました。

 

砂漠のドライブ

 

 

言葉で伝えるのが難しいですが、

砂漠に行くこと自体、初めての経験でしたので、

新鮮味がありました。

 

 

ドライブも下り坂で速度を上げたりして、

楽しさと同時にスリルも味わうこともできたので、

結構テンションが上がりました。

 

 

夕日を見ながら20分ぐらいのんびりしていましたが、
贅沢な時間です。

 

砂漠は広大ですね。

 

 

 

 

ラクダにも乗りました。

 

 

ラクダに乗った時の写真です。

 

実はこの日は事故がありました。

 

 

お客さんがラクダから降りたときに

ラクダに蹴られて、しばらく倒れていました。

 

その瞬間を僕は見てしまいましたが、

お腹を蹴られていまして、かなり痛そうですね。

 

近くにいた子供も泣いてしまい、

現場に緊張感が走りました。

 

 

幸い大事には至らず、

10分ぐらいしたら、そのお客さんは起き上がり

食事の会場に行きました。

 

不幸中の幸いですが、

明日は我が身!(偉そうに言うも最後の日にやらかします)

 

 

運もありますが、

未然に防ぐことも常に考えたいと思いました。

 

食い意地だけが1人前の僕にとって

夕食が一番の楽しみでした。

 

今回は食事の食べ放題とドリンクの食べ放題(アルコールも)

ついていました。

 

 

観光入れて、日本円で15000円もしませんでしたので、

物価の高いドバイで考えるとお得感がありました。

 

 

レストランでビールを飲むと1杯1000円は余裕で超えますし、

ランチも観光地で食べると3000円ぐらいしますから

 

ダンスを見たりして、2時間ぐらい飲み食いしていました。

 

 

ビールは5杯+ワイン1杯+料理は4皿食べましたので、

満足しました!

 

できればケーキでもあれば嬉しかったかも(笑)

 

次の日はドバイモールと世界1高い展望台も

登ってきました。

 

世界一高いタワー ブルジュ・ハリファ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展望台はそれなりに景色も楽しめて、
夜景も綺麗でした。

 

 

でも、感動まではしなかったかも~

夜景は日本でも良く見ているので
見慣れてしまったかもしれません。

 

 

ドバイは都会ですが、
展望台から見ると少し先は更地です。

 

 

ここ20年の間に急成長した都市で、
砂漠の真ん中に無理やり作った都市です。

 

 

逆に言うとまだまだ発展途上で更地もかなり残っていますし、
建設中のビルもたくさんありましたので、
10年後は更に進化しているでしょう。

 

 

 

 

 

 

世界一の噴水ショーも見てきた。(無料)

 

19:00から30分おきに開催されますが、

噴水が高く舞い上がり感動です。

 

世界中からたくさんの観光客がきており、

街は完全にテーマパークみたいな印象を受けました。

 

歩いているだけでも楽しいですね。

 

その他

 

他にもこんな場所に行ったり、

アラブ料理も食べました。

 

 

 

どこのお店も量が多くて、

だいたい2人前ぐらいあります。

 

 

特別美味しいわけではありませんが、

見た目通りの味です。

 

肉はまあまあ美味しかったです。

ドバイではこのようなメニューが結構多かったりします。

 

 

 

ドバイマリーナで食べた奇妙な食べ物ですが、

ナンにドライカレーとチキンが入っていました。

 

カレーチャーハンみたいな感じで、

普通に美味しかったです。

 

機内食も楽しみました。

全部で4回、食事が出ました。(行き2回、帰り2回)

 

 

アルコールも飲み放題ですので、

エミレーツ航空はサービス満点です。

 

以外に美味しく、

ドバイ料理を超えました(笑)

 

機内食を舐めていましたが、

良い意味で裏切られました。

 

ごちそうさまでした!

 

 

どうでも良い写真ですが(笑)

美味しかったので全て頂きました。

 

 

 

 

 

 

バスタキヤ地区の写真です。

 

ドバイの歴史保存地区にも行きました。

 

作れらた感はありましたが、

日本では見ることができないので、

ドバイに来たら一度は見ておいても損はありません。

 

 

11月とは言え

とにかく昼間は暑いですね。

 

でもジメジメした暑さではないので、

思ったよりも汗もかからずに普通に外で街歩きはできます。

 

ただし8月は気温が40度以上あるので、

外に出るのは危険です。

 

 

そんな感じで、

観光も楽しみ最後の日は早朝便の8:35の羽田行で帰る予定です。

 

 

無事に全てが終わるかと思いましたが、

致命的なやらかしをしてしまいます。。

 

やらかし事件

 

朝は早いので、5時に起床し、

予定通り6時にホテルを出ました。

 

6:30(2時間前に空港に到着)に到着して、

カウンターで手続き、セキュリティチェック、出国審査も7:30には無事に終わり、

1時間ほど余裕もありました。

 

 

免税店で買い物をしてもまだ余裕がありましたので、

コーヒーを飲み、最後のドバイでお金を落としていました。

 

 

 

残っているお金を全て使いたく

その為にお金を使っていました。

 

 

コーヒーも飲み終わりまだ時間があるので、

残ったお金(600円)を募金しに行きました。

 

 

そして搭乗口に行き、

チケットを見せました。

 

 

 

ところが

 

 

NO!

 

 

え?

なんで?

 

搭乗口を間違えたかな。

チケットを確認しても問題なし。

 

その後、チケットにこんなことを書かれました。

 

 

きけん

 

 

意味がわかないよ。。

 

チケットを確認すると

搭乗口に20分前に集合と書いており、

 

15分前に搭乗口にきたので5分の遅刻です。

ようやくNOの意味がわかりました。

 

 

 

 

 

 

帰りの飛行機に乗れないじゃないか!

 

 

 

 

 

頭が真っ白になりましたね。

マジでどうしよう?

 

日本円を入れても5千円しかなく、

次の飛行機は今日はない!と言われましたし。。

 

海外保険にも入っていないし、

おそらく帰りの飛行機代は全て自己負担になる可能性も高い(高額かな)

 

英語もできないし、

顔は冷静でも中身は慌ててました。

 

 

とりあえず旅行会社に連絡する。

 

確認をしたら、

やはり再度航空券を購入し、

費用は全て自己負担だそうです。

 

これは自分が悪いので、諦めました。

 

専用カウンターを見つけて、

乗り遅れたチケットを見せながら、

旅行会社の人に電話を交代しながら話を進めます。

 

 

向こうの方も状況がわかり、

航空券の金額が提示されました。

 

 

いくら?

10万ぐらい?

 

そんなことを考えながら

ドキドキしていましたが、

金額は

 

 

 

 

143000円!

 

 

 

 

マジかよ!

予想を大きく上回り高額な金額でしたね。

 

 

正直な話

クソ高いな!

 

 

と思いました。

 

今回は最後の最後でやらかしましたよ。

 

5分と600円が14万超えですから、

恐ろしいですね。。

 

もちろんそんなお金はありません。

 

 

でも、帰るしかないので買うしかありません。

スマホも電池がないのと予備の充電池は故障してしまい、

追い詰められました。。

 

しゃべれないので、

交渉する余地もありませんでした。

 

 

ネットで航空券を予約しようかと思いましたが、

航空券だけの予約はネットでしたことがないので、

 

やり方がわからず、緊急用に電話やネットもしたいので、

あまりスマホを使いたくありませんでした。

 

 

 

後は面倒くさい気持ちになり、

カウンターで買ったほうが手っ取り早いと感じました。

 

お金はないのですが、

買いました。

 

 

どうしたかと言うと

クレジットカードです。

 

 

こいつに助けられましたね。

もしなかったら想像もしたくないですね。。

 

無事に航空券を購入しました。

 

 

今日は飛行機もないので、

もう1泊して同じ時間の飛行機で帰ることにしました。

 

一度空港内から出ないと行けないので、

乗り遅れたチケットを色んな人に見せながら、

あっち!

 

こっち!

 

そんな感じで、

指で案内されて少しずつ進み、

出国手続きする場所に到着しました。

 

チケットを見せて無事に空港から出ることができました。

少しホットしました。

 

 

ホテルは空席の確認はできたので、

今日の朝、お世話になったホテルを数時間ぶりに訪問です。

 

何年ぶりではなく、

数時間ぶりです。

 

 

お昼過ぎでしたが、すぐに部屋に入ることができました。

 

また来るとは思いませんでしたね。

 

数時間ぶりにホテルマンとの再会です。。

 

 

飛行機代とは別に更に2万の宿泊費が重なり

計16万超えの出費は大きいです。

 

 

1日延泊で16万はありえない!

と思いましたが、

自己責任ですので、諦めるしかありません。

 

 

本当にアホです。

 

 

 

嫌なことは忘れてその日はプールサイドでのんびりしたり、
ドバイモールを再訪問(1日ぶりにきたよ)
無理やり楽しみました(笑)

 

 

 

 

 

次の日も同じように早起きして、

タクシーで空港に行きたいと思いました。

 

クレジットカードと現金も少々しかないので、
クレジットカードで対応できるか事前に確認しました。(最悪はメトロで空港に)

 

 

タクシーの人にNOと言われたので、
残りのお金をチップで払うと伝えるとOKしてもらいました。

 

 

そして無事に空港に到着です。

 

昨日よりも30分早く着いたので、
余裕もあります。

 

 

またここでトラブル。。
クレジットカードが通らない!

 

 

手持ちの現金では足らない!
まいったな。

 

 

また帰れないのかな?

 

何回かカードを通してみると
ようやく読み取り見事に清算もでき、

空港内に入ることができました。

 

 

本当に最後までドキドキさせられる旅行だ!

 

 

そして昨日と同じように手続きを行い、
今度は搭乗口に30分前に入ります。

 

 

無事に飛行機に乗ることに成功!
日本に帰国できました。

 

ドバイから離れるのは悲しかったですが、

飛行機に乗れてよかったです。

 

 

 

旅行は良く行くのですが、

こんなことは初めて、

大きな出費でしたね。

 

 

5分の遅刻が14万円の損失!

本当にアホでしたが、

次からは本当に気を付けよう!

 

 

何故か前向きな気持ちになりました。

最後までハラハラドキドキしながらも

また海外旅行に行きたいと思いました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人の紹介

ひでぽんと申します。

社会不適合・パソコンスキルなしの状態からネットビジネスをスタート

自由になりたい方に向けて情報発信しています。

ひでぽんが社畜を卒業した理由

人気ブログランキング

カテゴリー

ページの先頭へ